今日はホームセンタームサシに行ってきました。 
特に何も買おうとは決めてませんでしたが、自転車で行ける距離に巨大なホームセンターがあるのなら、時間もあるし下見にでも行ってみようかと言うことで向かいました。

しかし、思いっきり道を間違えました。一度車で通っただけだったので、ちゃんと道を把握しきれてなくて往復10kmほどです。体力と時間を無駄にしました。 なんだろう、学校まで行くのに片道9.2km。往復したので18.4kmで、友達と寄り道もしたので軽く20kmは越えてる。それにさっき言った道を間違えた分の10kmと、ちゃんとホームセンターに向かうために往復10kmくらい。合計すると40kmも一日で走ったことになりますねぇ。今日は一夜漬けで30分しか寝てないというのに・・・

あんまり地理的な話を詳しく書くと住所特定されそうなのでこの辺にしておきます。 

さて、これが巨大ホームセンターです。「ホームセンタームサシ」
DSCN8106
デカいですねー。これだけ遠くからじゃないと枠に収まりきらないという。
家の近くにあるホームセンターとは比べ物になりません。
品揃えと価格に期待します。  

資材館の突当りにはテスラコイルの2次コイルに使われる塩ビパイプが並んでます。ワクワクしますね。
DSCN8108
お父さんの車に乗らないといけないので2mの値段を確認です。4mなんて買えませんね。お爺ちゃんのトラック借りてくれば買えないことはありませんが面倒です。ちょっと見にくいかもしれませんが、VU100までは太くなるにつれて緩やかに値段が上がっているのに、VU125から一気に値段が跳ね上がってますね。需要が少ないためでしょう。

DSCN8112
VU200までありました。4mしかなかったんですけどね。これかなり重たいだろうなぁ・・・
これを買ったとしても、塩ビの蓋がVU150までしか販売されていなかったので、それ関連はネットを使うしかなさそうです。それだったらいっその事パイプまでネットでいい気がしますね。まぁ、僕はこんなに太いの買うつもりありませんがw

DSCN8114
テスラコイルの2次コイルの上に乗っけるトロイドとされるアルミダクト。こんなに種類がありました。家の近くのホームセンターには3種類しかな買ったので、これには感動です。この写真である程度価格が見れますが、実はこの中で一番安いのは2番目に細いアルミダクトです。細いと言ってもVU100ですが。

DSCN8123
まさかの一回り小さいアルミダクトよりも100円安い、498円でした。やっぱり需要の違いなんでしょうね。

DSCN8115
これなんかすごいですねw
一番太かったアルミダクト。3千幾らかでした。

DSCN8117
テスラコイルの1次コイルに使われるなまし銅管もありました。あまり酸化してませんでした。φ5mm,厚0.8mm,5mのなまし銅管は1980円だったので、今度ちゃんとしたテスラ作るときに買いに来ようと思います。

DSCN8116
トイレまで乗ってるんですが・・・
重さに耐えるためにかカートが下に挟まってますね。置く場所もう少し考えた方がいいような・・・
というか、上の写真と同じ場所に置けばいいのにw

DSCN8120
テスター関係も充実してました。やっぱり高いっすね。秋月価格になれてしまうと辛いです。

DSCN8122
そして定番の電線切り売りコーナー。なんと10cm単位で切り売りしてくれるそうです。珍しいと思うのは僕だけなんですかね?1m単位で売ってるのしか見たことありませんでした。


【まとめ】
このように、太ければ高価と言うわけでもなさそうだし、ある場所から一気に値段が跳ね上がるということも分かりました。なので、パイプやアルミダクト、塩ビキャップなどの価格表示を大量に写真を撮ってきました。後ほどExcelに価格表を作ります。それにより、どれを使うのが一番お得感を得ながら太い2次コイルを作れるかを割り出そうと思います。見た感じVU100っぽいですけどね。

それと、大学に行ってからでもテスラコイルのオークション販売をしようかと考えているので、どれが一番コスパが良くて家庭に置いていいサイズかなども考えながら見ていきます。
因みに、オークションに無造作に出品しても、欲しいと思っている人には気づかれないと思うし、まず入札されるかすら危ぶまれますよね。それについての対処もバッチリ考えてあります。どんな作戦かはまだ控えておきますね。 

【追記】
色々見比べたところ、1次コイルのなまし銅管はモノタロウで買った方が送料含めても安いことが判明しました。ホームセンターには5mの物が売ってて、それを買うんだったらそっちのほうが安いのですが、10m買おうと思ったらモノタロウでした。必要な長さ考えてネットも利用しようと思います。