こんにちは。物事に追われる日々が続いているHaidoです。

今回はオシロスコープのコマンドについて説明していきます。なお、動作確認はAgilent 54624Aでしか行っていないので予めご了承ください。

それでは早速見ていきましょう。
まずはこれ。
BsuAxflCIAAA4_s
隠しコマンドを実行した時の写真です。実は物理演算かかってるんですよwwなかなか面白い動きします。

【実行法】
Utility→画面の右から2番目のボタンを数回連打

こちら動画です。
 


お次はこれ。
BswR6CkCUAADfsP

んん?

BswRZUxCYAEt-_0
こちらのコマンドは弾幕シューティングゲームです。

【実行法】
Save/Recall→画面のSave→画面のNew File→光ったノブを回して"ROCK_ON"と入力→ゲームデータのLoading

これの動画です。


bandicam 2014-07-18 00-06-15-752
ほんとそれ

オシロのコマンドで時計やテトリスはよく見ますが文字が崩れ落ちるシミュレーションや弾幕シューティングゲームが出来るオシロは中々見ないですね。そもそもそんな機能が必要なのかという疑問が沸いてきます。

これはYouTubeでオシロの型番入れてみたら偶然見つけたコマンドなので、多分まだ隠れコマンドは存在すると思いますが、ボタンの同時押しというコマンドならまだしも文字入力してまでの コマンドなので自力で見つけるのは中々難しいと思います。時間設定する場所あるのに時刻の表示部分が一切ないのはちょっと臭いますね。アナログ時計が表示されるコマンドありそうだな・・・
また見つかり次第更新します。


2020年3月27日追記
この記事はRSコンポーネンツ社運営 DESIGNSPARK (エンジニア向けサイト)に掲載いただきました。ありがとうございます。