A's LabⅡ

アスラボと読みます。ロボトレースやマイクロマウスの大会に向けて、機体の構造設計・回路設計・基板設計・プログラミングを中心に行っています。趣味のパワーエレクトロニクス系では、テスラコイルやコイルガンなどを製作・評価・改善を繰り返しています。興味を持って頂ければ幸いです。アドバイスや感想などございましたらコメント欄にお願いします。

February 2015

海外に発注した基板が到着した!

高校最後の期末テストも終わって自由登校になり、ひと段落したHaidoです。進学校ではないので楽なんですが、私は進学するので自分の意識が試される期間だと思っています。

早速本題です。先月20日にシンガポールに発注していた基板が到着しました。5日に不在票が入っていたので、基板の発注を完了してから17日間で自宅まで届けてくれました。そのうち5日間が基板の製作期間、12日間でシンガポールから日本の私の家まで届けてくれました。送料は最安の$8の設定で十分な感じですね。予定上、30営業日必要となってたと思うんですけどね。

これが届いた物です。
B9H9SaOCAAA96Jz
真空状態で到着しました。他サイトを拝見すると、「真空パックが破れていた」との声もありましたが私は大丈夫だったようです。

B9VbOR7CQAAFeNG
想像通りかなり質が高いのでテンション上がりましたよー

シルク印刷もいい感じです。他サイトにシルクインクの飛び散りが見受けられるとありましたが、私の基板には見受けられませんでした。ですが少しシルクの掠れはありますね。細くしすぎたようなので次回修正します。

過去のFusionPCB利用者のサイトを漁ると、10枚発注すると10枚から12枚送られてくるって書いてありましたが、残念ながら私は最少の10枚でした。まあ8枚しか使う予定ないのでいいですけどね。

早速基板のカットをしてみます。勿論この前買ったサーキュラーソウテーブルで。
B9IVqOYCYAI5sht
基板はとにかく傷を付けないように気をつけましょう。でないとレジストを破ってしまいます。なのでアルミの台にコピー用紙でも貼り付けておきます。貼ってもダメなものはダメですが。

サーキュラーソウテーブルで刃は超硬丸鋸刃を使用。基板を切ってみての感想ですが、刃は硬けりゃいいってもんじゃない、そう実感しました。多分これ刃が傷む前にモーターが焼ける。サーキュラーソウテーブルのオプションにダイヤモンド丸鋸刃というものがあります。それは基板が対応しているので、それを買わないといけないかもしれません。用途に応じて使い分ける必要がありそうです。結局買い揃えないといけないとは・・・本体より刃2枚の方が高いってどういうことだよw

B9IVpllCEAA5FwS
さてさて、適当に水洗いして拭き取るととても綺麗な基板が出来上がっています。

テスラコイルの展示に間に合ってくれたので、これもネタに使えそうです。基板のサンプルを持っていきます。
B9uPaisCIAESQoy
綺麗ですね。製作者本人も魅了されました。

B9uZJG1CEAEC6L8
安物ファンクションジェネレータに繋いで動作確認です。

B9uZKILCYAIVw9U
オシロスコープ上で動作を確認しました。今までは配線図と睨めっこしながら数時間掛けて制御回路を組んでいたのに30分程で完成してしまいました。しかも一発動作。いいですね。

しかしOCD辺は少し配線をミスっていた模様。この機能なしでも放電はできるし別にいいのですが、また近いうちに修正版のプリント基板を発注する予定です。今度はエレクロウを使ってみます。

そして肝心のテスラコイルはこんな感じです。
B9fTBojCAAAbMvH

B9fUZewCYAE1z0M
実物はもっと巨大な放電が出ているんですけどね。何故か写真では小さく写ります。

B9dv_88CIAAQN9C
これは昼間取れた写真。これはまあまあ実物に近いです。どうして差が出てしまうのかわかりませんが。

それとここからはおまけ。
これも基板と似たような時期にebayで注文したものです。テスラコイルの1次共振用のコンデンサ。
1kV@0.1uFと2kV@0.022uF
B9n4xQQCAAA6nuK
どちらも100個ずつあります。なんか見た目がダサいんですよね。安いから見た目には口を挟まないとして、特性はいいほうだと思います。上の放電写真をみてわかるとおりの特性です。もとが安いので余った分はヤフオクに出しても元取れると思うんですよね。

B9oVJYfCIAEn9AS
こんな感じで配線して使用します。この写真を撮った後に更に4つ追加して共振を合わせました。因みに上の放電写真で使用したコンデンサは10個しか使用していません。耐圧を2倍にしたかったので使用するコンデンサは4倍になりました。

B-BbWdqCMAAQjJV
それからキーフォルダーにでもしようと真空管を60本程買いました。使いどころの見つからない物の詰め合わせということで安かったのでつい買ってしまいました。未使用品とのことですがどうなんでしょうね、古いビニール袋に入った綺麗な物もあれば焼き付きが見受けられるものもあります。商品説明を信じない方がいいようです。
でもせっかく真空管があるんだからLチカくらいはしてみたいような
B-BbXIACcAELyAQ
twitterに投稿するとdomino氏「これは6BK6で21kVくらいのB電源、X線めっちゃ出るやつ」だそうです。うん、わかんない

それに殆ど整流管だそうです。しかし整流管ならではの青い光がでる管はないようです。dominoさんも1つしか持ってないとのこと。やっぱりただのオブジェクト程度にしかなりませんね。

そんな感じで現状報告でした。

一周年ありがとうございます。

このブログに移転してから早1年になりました。訪問者数は1万1千人超です。ありがとうございます。(そのうち先月・先々月の2ヶ月間で5千5百人超)

さて、前回の更新から1週間も経ってませんが、この間に変わりあったことを書き残しておこうと思います。流石に1周年を祝うためだけの更新では物足りないので。とある高校生の日記なので予めご了承下さい。

まずは電源装置を買ったこと。
B8gjp0FCcAElUIL

目盛はMAX20V,40Aとなってますが、最大出力電圧は15Vのようです。しかし、V.ADJのつまみを回していくと1/4位のところで電圧計が荒ぶります。なんででしょうかね、電流計の方にメーターを切り替えても同じように荒ぶってやがる。電圧計だけが荒ぶってるなら可変抵抗あたり取り替えれば直りそうな気がしますが、流石に電流計まで荒ぶると内部の何か吹っ飛んでる感じしますねー

取り敢えず机に移動して
B8ltG8pCIAEqDEm

まずはダミー抵抗挟んでみて改善されるかみてみました。
[No Imagine]
うん変化無し。

次はシャープペンの芯に大電流流してみる。内部で電流が奪われてたらこっちには電流来ないからね。
[No Imagine]
するとアッサリ発火。

いやーどういうことだ。まあ40A電源だから内部の吹っ飛んでる何かが完全に0Ωじゃないとシャープペンの芯に発火なんて楽勝かもしれないな。

ここまで分解せずに様子伺ってきました。それは現在テスト期間中だから。分解したらどんどん時間溶けてくと思うからね。修理はテスト終わってからにしよう。


次の進捗は1次コイル。テスラコイルのね。
B8rUyCTCQAAznc-

放電させるための準備は整った。だが火入れ(電源投入)はしない。これも上のと同じ理由で、電源投入すると共振合わせやらなんやらで時間が溶けるからだ。単純作業の終わりがあるものだけやる。踏み込むのはテストが終わってから。こう決めると失敗しない。それに工作の進捗もつくれる。

それとトロイドの方も大体できた。あとは結束バンドで止めてるから その辺の見た目をなんとかする程度。
[No Imagine]

海外に発注した基板は1月28日に発送したとメールが来た。予定よりも結構早まった感じ。だが郵送業者が中国だからいつ届くかわからないな。今日が中国の旧正月。やばいときに被ってしまったものだ。取り敢えず2台は今すぐに放電できるドライブ回路があるから展示には間に合わせる必要はないけど、あるに越したことはないよね。設計してた作業風景とかの画像をA1のポスターにでも詰め込んで印刷して持っていけばいいかなと思ってる。

ああそうだ、ebayで注文した共振コンデンサは届いて欲しいゾ。届かなくても手持ち分で事足りるかもしれないけどやってみないと何とも言えない。

それではこの辺で。[No Imagine] となってるところはそのうち画像を添付します。
Twitter プロフィール
今の出来事
非公開コメント

管理人へ直接コメントされたい方はこちらからお願いします。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
  • 【Trifilar】2017年マイクロマウスの紹介
最新コメント
訪問者数カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ