・・・・・は?

natsuyasumi? なにそれスペシャルファンクションレジスタの初期化項目? 


void init ( void );
void main ( void )
{
int mode = 0, prcs = 0,  natsuyasumi = 0

while(1)
switch ( mode ) 
case 0:
if ( prcs = 0) {
natsuyasumi = ʅ(◔౪◔ ) ʃ
mode++;
}
break;
case 1:
if ( 1 == 1 ) {
printf("夏休みなんてねぇーからwww");
mode = 0;
}
break;
case 2
if ( natuyasumi = 1) {
printf("ლ( ❛ ◡ ❛ ლ)");
}
break;
default:
printf("(´・ω・`)");
break;
}
}
}

ほんとこんな現状なわけですよ。

case 1でmodeが0になった時点でcase 2まで行ってもくれない状態。行ったとしても1じゃないから実行されないんだよな。ヤレヤレ

どうして夏休みがないのか。
・WRO
・ものづくりコンテスト_電子回路組立部門
・日本学生科学賞
・大学に向けての色々
・文化祭でステージ発表

この5つがあるからだよ!
朝9時に学校に向かって夜の8時過ぎに家に帰ってくる。
これ平日よりもハードだからな・・・?w

家に帰ったらゆっくり過ごせるとかそんなことはない。今は学校でやるのはWROがメイン。パソコンでプログラム組んで只管ロボットに命令を与えてく。それを一日中。ものづくりコンテストの時間が取れないんだ。かといってどちらかだけ先に頑張ればいいということでもない。大会が偶然同じ日になってしまったのだ。WROはメンバー3人いるから任せられるんだけど、プログラム関係は一切できないとのことで何方も俺が頑張ってる状況。本番は俺は参加できないから光センサーの閾値とかの調整箇所だけ覚えてもらって会場に合わせるようにしてもらう。

ものづくりコンテストに関しては情報科の先生所に習いに行ってやっとマイコンで7segとかDCモータ、ステッピングモータなんかの制御ができるようになってきた。こちらの当日やることはマイコンの入力回路の配線図、設計、ユニバーサル基板にはんだ付けを行い、制御プログラムを標準のライブラリ以外参照せずにカタカタとプログラムを書いていかないといけない。それで点数化して順位を競う。福井県大会くらいは勝ち進みたいな。情報科の人たちが手怖くてもしかしたらってこともあるけどここまで書けるようになったから無駄なことではなかった。そう。これでいいんだ。

今日の部活の帰りにふと思ったけど、一日中部室でロボット弄って家帰ってもディスプレイに囲まれて作業する今の状態って、小学生くらいの時に夢見てたものが現実になっているのかもしれない。だが現実には期限や思い道理に行かないことが殆どでとてもこの状況を望んでいたわけではないけど形的には叶ってるなって。
BtujB5wCYAEXpNM

まあ、こういう忙しいの意外と好きだけどね。